バカになるとわかる他人の人格像

人から自分の事をよく思われたいなら、バカになりきることだと思う。

正直、バカを見ると警戒するどころか、逆に面白がって近寄ってしまう。

人間は楽しいのが好きだし、自分の思ってない所でも、他人を下に見ることがあるからです。

だから、出来るだけバカになり、人脈を広げて行って下さい。

でも、バカはバカだけど、ただのバカは駄目ですよ。

ある程度の知識と決断力は、無いといけません。

悪い言い方をすると、計算高いバカがいい。

もしもの時の場合に、自分の身を守る最低限の知恵は持ってないといけませんよ。

この意味が分かる人なら、大丈夫だと思います。

だけど、言ってる意味が分からない人の為に、少しお話します。

本当のバカは、心が美しく何も考えないで人付き合いします。

近寄ってきた人がいい人ならいいけど、そのバカを利用して悪事を働こうとする人もいます。

その見極めが出来るか否かで、人生が大きく変わっていきます。

だから、バカはバカでも決断力が必要なのです。

YESとNOをはっきり言えるバカ。

そして、引き受けた事はしっかりやるバカ。

そんなバカになれたら、今後の人付き合いもそうだし、人生もうまく行くと思います。

人間は、バカに警戒すらしません。

なので、その人の人格を短期間で見ることが出来ます。

その人を試してるみたいで嫌な気がしますけど、実際相手もそう思い近寄ってくると思います。

他人同士の人間付き合いですから、その人の全てを知ることは不可能です。

生まれた頃から一緒に過ごしてないから、過去なんてわかりません。

また、社会に出ていろいろ学んできた方かもしれませんし、自分よりも経験豊富な人かもしれません。

でも判断する材料は、結局人格なんです。

その人がどんな人なのか、バカになることにより自分自身を下に見せ、今後この人がどのように付き合ってくれるかすぐに答えが出ると思います。

新たに出会う人がいましたら、一度試してみる事をおすすめします。

出来る人ならバカになる必要はありませんが、自身の無い人はバカになるといいですよ。

これは、忙しい人が実際にやっている手法でもあり、時間を短縮して人を判断する場合によくつかわれます。

短期間で人を判断することなんて、出来ないと思うけど、意外に効果を発揮します。

完璧に判断することは難しいけど、ある程度の人格は見えてくるのではないでしょうか。

仮に失態した所で、あいつはバカだから相手にするな。

などの程度で終わるんじゃないかと思います。